URBANRESEARCH DOORSの靴下で冬を迎える。

秋も深まり、最近では冬の足音が聞こえます。

 

こんにちは、ハルキ(@haruki_o18)です。

夏が終わり秋冬に向けて衣替えをしたのも束の間、気がつけばもう少しで2018年も終わってしまいますね。

最近では寒さも厳しくなってきて手や首回りに温もりがほしくなってきました。

温もりがほしいのは足下も同じことで、靴下の素材や長さを変えるだけでけっこう変わります。

今回は僕が初めて購入した長めの靴下、URBANRESEARCH DOORSのリブソックスのレビューをしたいと思います。

スポンサードサーチ

URBANRESEARCH DOORSの靴下で足下に温もりを。

秋の深まりと共に冬の足音がすぐ近くに迫ってきましたね。

冬は1年間で最も多くの服を着る季節。

ファッションを楽しむことができれば寒い冬も楽しめるのかなと思うのですが、どうしても冬服は雰囲気が重くなりがち。

そんな時に足下に遊びを加えられれば雰囲気を軽くすることができます。

パンツを軽くロールアップして靴下をチラ見せすることで、こなれ感を出しつつ差し色にも。

おしゃれは足元からという言葉があるように、靴下1つとってもコーディネートに大きな違いが生まれるんです。

僕が今回購入したのはURBANRESEARCH DOORSの靴下。

ネイビーのリブソックスとグリーンのカラーリブソックスをそれぞれ税込み1080円で購入。

サイズはfreeのみとなっていて、基本的にはどんな人でも履くことができます。

生地は分厚すぎず通気性も良好で履き心地はなかなか快適。

丈感もちょうど良く、質感と色合いは秋冬っぽくてコーディネートに季節感を加えてくれます。

スポンサードサーチ

URBANRESEARCH DOORSのリブソックスを履いてみて。

実際にURBANRESEARCH DOORSのリブソックスを履いてみての感想は、「非常に良い」の一言に尽きます。

くるぶしより上まで包まれるため足下から冷えることはないし、冬でも気にせずロールアップすることができる。

パンツをロールアップするスタイルや、アンクル丈のパンツスタイルの時にもこのロブソックスがいいアクセントになってコーディネートの幅が広がりました。

僕の場合は無難にチラ見せしたい時はネイビー、少し秋冬っぽい差し色が欲しい時はグリーンのリブソックスを着用しています。

靴下を変えて季節のファッションを楽しむ

秋冬っぽい質感、色を選ぶことによって季節感を意識しつつコーディネートのワンポイントとしてスタイルアップもしてくれる。

ちょっとしたところに気を使うだけで全体の印象がけっこう変わったりするものです。

今日の服少しシンプルすぎるかな?という日は足下だけでも遊んでみてはどうでしょうか。

シンプルなデザインで統一された服装には遊びとして差し色になる靴下をチョイスしてみたり、逆にカジュアルな服装に黒などの靴下をチョイスすることによってスタイルを引き締めてみたり。

靴下一つをとってもスタイルの幅が広がるからファッションはおもしろい。

今回初めてくるぶしまで隠れる靴下を購入しましたが、最初は見慣れないだけでなれてくると使い回しやすさと暖かさにハマってしまいました。

今ではもっといろんなタイプの靴下を買って足下で遊んでみるのもいいなと思っています。

 

関連記事

ハイソックスと同様に食わず嫌いしていたクラッチバッグを使用してみた記事です。

新しいモノを手に取ると新しい自分になれる気がしていいなと思いました。

U.S.POLO ASSNのクラッチバッグを手元に添えて。

 

ハイソックスとはまた違った足下の遊び方。

くるぶしの辺りにあるCONVERSEのロゴをチラ見せすることでコーディネートにちょっとした遊び心を加えられるのが魅力的。

古着屋でCONVERSEのチャックテイラー70s復刻版(CT70 )を購入しました。