トラベラーズノートで丁寧に日々を刻む。

いい毎日は、いい手帳から。

こんにちは、ハルキ(@haruki_o18)です。

今年は就職活動があったり新しいことが始まったりと、何かと手帳を見返す機会が増えました。

普段から手帳は書き込んで見返すようにしていましたが、今年に入ってからはその回数が非常に多くなり、毎日書き込んだり見返す手帳にもこだわりを持ちたいなと思い始めるように。

 

そこで思い出したのが、普段から僕が読んでいる「monograph」というブログです。

このブログを運営している堀口英剛さんという方が以前紹介していたトラベラーズノートがとてもかっこよかったなと思い、中目黒にあるお店に行って実際に触ってみたらとても気に入ってしまったのでそのまま購入しました。

スポンサードサーチ

旅人のためのノート、トラベラーズノート

トラベラーズノートはトラベラーズカンパニーという会社が作っているノートで、牛革製のカバーとオリジナルのノートリフィルを組み合わせることで1つのノートができあがります。

リフィルやステッカーなどで自分好みのカスタマイズをすることができ、トラベラーズノートを持ち歩くことで旅するように毎日を過ごして欲しいという想いが込められているそう。

 

僕はダイヤリータイプのリフィルを合わせて手帳として使っています。

サイズはレギュラーサイズとパスポートサイズの2種類、色は黒・茶・キャメル・ブルーの4色展開になっていて僕が購入したのはレギュラーサイズのブルーです。

スポンサードサーチ

使うほどに愛着がわくトラベラーズノートブック

今まで書店で売られている一般的な手帳を使っていたのですが、年が変われば買い換えるという性質上、どうしても使い捨て感が否めませんでした。

しかし、今回このトラベラーズノートを購入したことで手帳を大切にする、育てていくという感覚で扱うようになりました。

というのも、上の写真のようにカバーと本体が別々になっていて、本体を年に合わせて買い換えればカバーはずっと使用できるんです。

本体は変えなくてはいけないですが、手帳カバーを繰り返し使えることによって長く大切に育てていきたいと思えるようになりました。

 

そしてトラベラーズノートは本体も普通の手帳とはひと味違うので順を追って紹介していきます。

手帳を開くとまずその年が記されたページが。

カレンダー部分はこんな感じ。

今回購入したのはレギュラーサイズのもので、一般的な手帳よりもやや縦長になっているので書き込み部分も少しだけ縦に長くなっています。

カレンダーページが終わると世界地図と世界時計のページが。

国別のコンセントの種類も記載されています。

旅人のためのノートというだけあって、旅行の際に非常に助かる情報がちりばめられていますね。

先ほどのページの後フリーの紙が9ページ分あり、最後に空港で提出する出入国カードをモチーフにしたページが。

細部までこだわっているところが非常にかっこいい。

また、トラベラーズノートはカバーにネームを入れることが出来るので僕も入れてもらいました。

ネームを入れることでより一層愛着がわきます。

ちなみにカバーの裏側は少し粗めの加工がされていて、ノートに書き込む時の滑り止めとして機能しています。

こだわりの手帳で毎日を丁寧に

今回手帳をトラベラーズノートに変えたことによって、今まで以上に手帳を大切に使うようになりました。

手帳を大切にするようになったことで、心なしか一日一日を丁寧に過ごすようになった気がします。毎日の予定が記されている手帳を大切にすることは毎日を大切にすることにもつながるのかもしれませんね。

 

スマホさえあれば基本何でもこなせる今日この頃、わざわざ手帳を使うよりもスマホで予定を確認したりタスクの管理をした方が便利だし、その方が確認もすぐにできます。

 

それでも、僕は手帳に記された予定の方が暖かみを感じるし愛着がわく気がするんです。

便利な時代だからこそ、時間の流れが速い時代だからこそ、毎日を丁寧に刻んでいきたいなと思っています。

 

僕は今回中目黒にあるトラベラーズファクトリーという店で購入したのですが、ネットでも購入することが出来るので気になった方は是非。

関連記事

普段手ぶらで出かけることの多い僕ですが、最近は何かと予定を確認したりメモをする機会が多いのでクラッチバッグの出番が多くなりました。

なので最近はこのU.S.POLO ASSN.のクラッチバッグに今回紹介したトラベラーズノートの手帳とメモ帳を入れて街をぶらぶらしています。

U.S.POLO ASSN.のクラッチバッグを手元に添えて

日々の予定を大切にするのと同じくらい僕が大切にしているのが何にも縛られない自分だけの時間です。

どんな場所よりもリラックスできる自分の部屋だからこそ家具や小物にはこだわりたい。

 

そんなことを思い、少し前に購入したのがこのワイエムワールドのオープンラックです。

木の温もりとマッドブラックのクールなフレームが部屋の雰囲気をぐっと上げてくれて部屋にいる時間が以前よりも好きになりました。

部屋にオープンラックを、生活に愛着を。