【池袋】温もりを感じるおしゃれカフェ、Racines FARM to PARK

陽の当たるカフェで、大切な人と。

 

こんにちは、ハルキ(@haruki_18)です。

池袋に数多くあるおしゃれカフェ。

その中でも今回紹介するのはRacines FARM to PARKというカフェです。

 

池袋駅東口を出て徒歩5分ほどの場所にある南池袋公園内にあり、連日多くの人が訪れています。

おしゃれなだけでなくコーヒーや料理も本格的でレストランとしても利用できるのでぜひ。

MINAMI IKEBUKURO PARK opening movie from Minami Ikebukuro PARK on Vimeo.

スポンサードサーチ

池袋のおしゃれカフェ代表Racines FARM to PARK

池袋にひしめくおしゃれカフェの中で圧倒的な存在感を放つカフェ。

それがRacines FARM to PARKです。

 

南池袋公園に隣接している、というよりは南池袋公園の敷地内にあるという絶対的な立地の良さ。

店の大きさを活かしたゆったりとした作り。

そして駅から徒歩5分ほどの場所にあるアクセスの良さ。

 

池袋においてRacines FARM to PARK以上に存在感を放つカフェはないと思います。

コーヒーだけではなく本格的な食事やクラフトビールを楽しむことができ、本の販売も行っているのが他のカフェにはなかなかない魅力。

入り口から入るとまずメニューがあり、その場で注文をしてから受け取り口までスライドしていくスタイル。

ドリンク、フード共にオープンキッチンで調理して提供しているので、待っている間も作業工程を見ることができて退屈しません。

それどころか目の前で調理されるおいしそうな料理、漂う香り、食欲をそそる調理音にわくわくせずにはいられません。

今回ぼくが注文したのはブレンドコーヒーのアイスとエッグタルト。

ブレンドコーヒー ICE/HOT 350円

エッグタルト 270円

 

コーヒーはコクのある苦味と甘味、控えめな酸味で飲みやすく、エッグタルトはふわふわな卵とサクサクの生地が相性抜群でバター香る優しい味。

今回料理はたのんでいませんが、どれもおいしそうなのでぜひ!

スポンサードサーチ

Racines FARM to PARKでそれぞれのリラックスタイムを

Racines FARM to PARKの魅力のひとつとして無視できないのが過ごし方の自由度。

大体のカフェでは店内でコーヒーを楽しむか、テラスなどがあれば外にでる人もいるでしょう。

Racines FARM to PARKのすごいところは一階と二階、店の外、芝生の上といった風に利用者の気分に合った過ごし方ができるところです。

まず一階。

一階はスタンダードなテーブル席になっていて、カフェとしてはテーブルがやや広めで食事も一緒に楽しめるようになっています。

子供連れの方は一階を利用している人が多い印象。

そして二階。

二階はゆったりリラックスできる空間で、一階に比べるとけっこう静かです。

勉強をしている人やくつろぎながら会話を楽んでいる人が多い印象。

また、二階には壁一面に置かれている本は自由に読むことができ、気に入った本は購入することもできます。

 

Racines FARM to PARKに置いてある本は移動する本屋”ブックトラック”によるセレクトですので、通常の書店ではなかなか見ることのない本も多く取り扱っています。

ソファー席もあるのでゆったりとしたリラックスタイムを過ごすことができるのが二階の特徴。

テラス席は6人ほど座ることができるテーブル席になっていて、店内より楽しく会話したい人やお酒を飲んでわいわいする人が多い印象。

テントタイプの屋根もあるので日差しが強い日も大丈夫。

クラフトビールにもこだわっているカフェなのでテラス席でビール片手に楽しく会話するのも魅力的。

テラス席の後ろには南池袋公園の芝生を眺めながらコーヒーを飲めるカウンター席があります。

芝生を走り回る子供たちを見ながら楽しそうに会話するカップルや外の空気に当たりながら読書を楽しむ人をよく見かけます。

日が暮れてくると点灯するライトもおしゃれなのでデートにもおすすめ。

店内でコーヒーを購入して芝生の上でリラックスタイムを過ごす人も多いです。

Racines FARM to PARKでは芝生の上でコーヒーを飲みたい人のためにラグの貸し出しもしているので服が汚れる心配もなし。

 

立地や店の大きさを最大限に活かして利用者に多様な楽しみ方を提供しているところが老若男女問わずまた行きたいと思わせる魅力の一つです。

池袋で過ごす休日はRacines FARM to PARKへ

池袋でひときわ大きな存在感を放つカフェ、Racines FARM to PARK。

ただおしゃれなだけでなく人それぞれの楽しみ方を提供するスタイルが魅力的なカフェです。

時にはレストラン、時にはバー、時にはピクニックにも利用できるこの場所は新しいカフェの形であり、多くの人を引きつけます。

 

池袋で電車を降りるならぜひ行ってみてください。

あなたもここに訪れたらきっと人におすすめしたくなりますよ。

Racines FARM to PARKであなたの楽しみ方で、あなたのリラックスタイムを。

 

それではまた、次の記事で。

 

関連記事

同じく池袋駅東口から徒歩5分ほどの場所にあるスペシャリティーコーヒーの専門店PEAK(ピーク)

品質の良い豆だけを使ったスペシャリティーコーヒーを飲むことが出来る数少ないカフェです。

今回紹介したRacines FARM to PARKからも近い場所にあるのでぜひ。

 

【池袋】豆も買えるカフェ、PEAK(ピーク)で上質なスペシャリティーコーヒーを。

 

西口にから徒歩10分ほどの場所にあるレトロな喫茶店、ドリームコーヒー

自家焙煎の本格コーヒーが200円ほどで飲める穴場です。

軽食を合わせて注文してもワンコインで済んでしまう驚きの安さ。

 

レトロな喫茶店が好きな方はぜひ。

【池袋】西口の静かな穴場、レトロな喫茶店ドリームコーヒー